てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

11年目の便り

この夏
8月末に
パパさんの新しい赴任先
アメリカ西海岸北部に遊びに行くことになっています
そして
いつか
チャンスがあれば
以前住んでいたところ
アメリカ東海岸南部の街を
もう一度訪れてみたい

思っていました

やっとチャンスが来ました
いつでも行けると思っていましたが
11年かかりましたね
年に一度はメールするお友だちや
子供たちがお世話になった先生に
連絡を取りました
以前と同じアドレスを使っている先生に
連絡が取れて
あとは
先生が連絡を取ってくれました
みんなに会えそうです
もう一人の先生は
私よりも10歳は若い女性で
学校を辞めて
校長先生になる勉強をするために
大学に通い始めたんですよ
私たちの帰国前のことです
頑張っていましたよ
結婚していて
夫はそのため
自分の仕事を諦めて
協力してくれている

I'm mean wife.
って
気にしていました

今回の情報では
小学校の校長先生になっていました
娘が3人ということです
何だか嬉しいですね
ブレイクがあっても
年をとってからでも
キャリアを積み上げられる社会
システムは
アメリカだな~
と思いますね
もう会うことはないかも・・・

思っていた人々に会える
会いたいな

思い続けることも無駄ではない
いつか叶う
そう思えるのは素敵ですね
良い報告が出来たら良いです

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-07-26 20:29

Candy

◎ Break My Silence ◎
    高橋 優

♪ Candy ♪ を聴きました
図工の時間のことです

「この色キャンディみたいだね」と誰かが笑った
「ほんとだ絵の具じゃないみたいだね」と別の誰かも笑った
その筆は僕の口元に差し出され
「ほら舐めてみろよ」と女は笑った
抗うよりも応じる方が痛くされないと
僕は知っていた・・・
強かな人になろうと誓った
誰にも期待などしなかった
あの人たちが正しいなら僕は世界でも敵に回そう
愛はどんな味でしょうか
友情はどんな形でしょうか
毎日のように差し出されたキャンディの味を僕は忘れない・・・

ってね

「違う」ってことを嫌うんですよね
私は他の子が塗る色なんて気にしたことないけどなぁ~
昔の方が他人のことをそれほど気にしなかったような気がするんですよ
どうでしょう? 
「テスト勉強してないよ~って言ってたけど、嘘だろうと思って電話してみたら
 アイツ塾に行ってるって、親が言ってたよ」
なんて
電車の中で会話している高校生たちがいるんですよ
わざわざそんなことで電話までしますか?
それをその子のいないところで話題にしますか?
ちょっと気持ち悪かったんですよね
その細かさが
昔から「勉強してないよ」と言いつつ良い点取る子はいたし
その方が格好良いというのも分かるし
やってないと言いつつ、みんなやっているものじゃないでしょうか
やっていないと言いつつ勉強していることを責めなきゃいけないのでしょうか
何か出し抜くための伏線でしょうか
怖いですよ
そして
うちの娘ちゃんが絵を描くので
このCandyの詩はとてもリアルに感じました
うちの娘ちゃんは幼い頃から色にこだわりがあって
パレットの上で
塗りたい色ができるまで
ずっと混ぜているんですよ
色が出来上がる頃には
もう時間があまりないんですよね
確かにすごくリアルな色を追及していて
他の子が塗る色とは全然違うのです
それはどんどん進んで
高校の頃にはもう不思議な色と濃淡の絵になっていました
ただ
ちゃんと美術やアートがどういうものかを知っている人に出会っていて
それで否定されるってことはなかったようですが
たまに
「なぜこんな色を塗るんだ?」
「そう見えるから」
「そんなわけないだろう!」
ということもあります
「そう言われても、しょうがないじゃん、そう見えるんだから」
ってイライラしていました
意外と美大に多かったみたいですね
教授にもよく怒られたって言います
音楽もそうだし
小説とか
美術
何か創造する人って
やはりちょっと常識的ではなかったりします
ただ人数が少ないので
いつもマイノリティ
正しい間違っているとか
良いとか悪いとかじゃなくて
どっちの意見が多いか
日本の今は何でも
それで評価が決まってしまいます
否定されて
責められて
追い詰められて
大切なものを奪われていく
そういう世の中です
ちゃんと価値や意味の分かる大人がそこにいないのでしょうね
大人の力のなさに
がっかりしている小さな心がここにもありました
憂える事態なのです

つづく。。。
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-07-17 23:14

ジェネレーションY

高橋 優
ここ数年ちょこっと聴いたりしていました
うちのお子たちと同じ年代でしょうね
お子たちも同じようなことを言いますから


♪ジェネレーションY♪

’失われた世代’と呼ばれたって知ったことか
こちとら生れただけ 健やかに育っています

・・・・・・

土曜日は3時間授業
途中から休日になった
「総合」という科目じゃ
好きにやれと教えられた

’自己中心の世代だ’と言われたって知ったことか
こちとら生れただけ それなりに愛しています

慎ましやかな国
そこに覆いかぶさる自由の国
サイズ違いの靴
履かされ歩いて靴ずれ

・・・・・・

’個性を大切にね’
そう言われながら育って来た

’配慮のない世代’と言われたって知ったことか
こちとら生れただけ 出来るだけ学んでいます

なんて言われてもしょうがないね このままじゃ終れないね
精一杯生きたいだけ それだけは同じです

いくつもの愛の上で いくつもの犠牲の上で

健やかに育っています


ってね
聴き終って
ちょっと笑っちゃうんですよ
ホント、ホント!
本当にそうなのですから
勝手に流行らせて
好きなこと教え込んで
時が過ぎたら
そんなこと知らんと
急に路線変更
全て否定して
追い詰めて
奪っていく
ひどい大人たちだなって
そのひどい大人たちの中に
親である自分も
片足突っ込んでいたりするんですよね
お子たちが小さい頃に
やりたいことを見つけてね
とか
自分らしくていいんじゃない?
そのままで
とか
親として言っていたことと
今現在と
変わらず同じことを言ってあげられているかな?
って
振り返ると
もう少し違う言い方があったかな?
もう少し丁寧に説明してあげても良かったかな?

思い当りますね
そして
この詩で
それなりに愛して
できるだけ学んで
健やかに育っています
って聞くと
本当に頑張っているよね
キミたち
って
称えたくなります
一生懸命生きているよね


つづく。。。
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-07-16 15:00

自分が自分であるために。。。

すっかりご無沙汰しています
息子くんの大学入試
パパさんの転勤
父の闘病と死
娘ちゃんの就活
今年に入っていろいろありました
今頃になって年賀状なんて整理しつつ
思います
ママ友たちの挨拶状に多い言葉
娘が就職してホッとしました
息子もようやく就職が決まりました
その他大学の話
今までひと言もコメントのなかった人たちなのに
ちょっと自慢げなひと言が添えられていました
いつもはクールな人たちが
子供の躍進に一喜一憂
気持ちは分かるんです
上手くいけば
一緒に嬉しいものですからね
でも
「子供たちが自分の作品」
かのように披露しているな・・・と感じると
自分はそうでないようにと
慌てて自分を振り返ってしまいました

それくらい子供の大学と就職は心配って世なんですけどね
パパさんは単身赴任
自分のことで精一杯
私は
父が亡くなってから書類の整理に追われてバタバタ
息子くんの新しい学生生活の事務処理にアタフタ
親が忙しいとき
大変なとき
お子たちは気を遣って
心配かけないよう
一人で何でもやらなければ・・・と
頑張るんですよね
そういうこと
すっかり忘れていました
もうみんな大人だし・・・と
甘えていましたね
お子たちも人生の節目
いろいろ悩むことや
相談したいこと
ちょっと聞いて欲しい愚痴だってあるんですよね
上手く進んだからって
何とかなったからって
スッキリしているわけじゃなくて
これで良いのか
このままでいいのか
いろいろ感じて
考えて
一生懸命生きているんですよね
私の時代はバブルで
何とかなるよね~って
雰囲気がどこかにあって
それでもちょっといろいろ考えたくらいなので
今の時代は
そりゃもっと悩むはずですよね
娘ちゃんも
就職については悩んで悩んで
やりたいこともあるにはあるけれど
親を喜ばせたいとか
認められたいとか
余計なことも考えて
強い気持ちでは挑めず
そんな中
美術展に出していた絵に声もかかっていたらしく
でも
そちらには飛びつく気にもならず
ゆらゆら。。。
私が
やっと最近話を聞ける状態になったら
まぁ
出てくる、出てくる
あんな話こんな話
いろいろしゃべりはじめると4-5時間は続く
そんなにいろいろ聞いて欲しいことあったのか。。。と
思うと
「ごめんね」です
息子くんも
体育会の部活を初めて
あの自由気質の帰国子女が
日本の先輩後輩
体育会の雰囲気
理解すること
理解してもらうことには
ちょっと創意工夫と忍耐と努力が必要で
悪戦苦闘しています
それらのことって
上手くいってもいかなくても
とても素晴らしい経験になる
いや、良い経験にしたいですね
そういうひとつひとつを解決するための一手一手が
自分らしさだし
そいうひとつひとつやったことが自分のよりどころ
自分の素の力
本当に自信が持てるところはそういう所でしかないと
思います
お子たちは私が作る作品ではなく
ただただ自分
ずっと見ているよ
だから
ゆっくり進んで行ってください
言葉しないけど
念を送りますね
間違った方向には行っていないと思うから
そのまま進むと良いよ

つづく。。。
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-07-15 23:19