人気ブログランキング |

てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

距離は負担が大きいもの

忌引きって海外でもあるんですかね?
アメリカに居るとき
娘ちゃんの学年で
エレメンタリーの6年間皆勤賞の子が一人だけいて
卒業式がざわめいたのを覚えています
珍しかったようです
テロの日
親の判断で連れて帰るというのも多かったし
パパさんのお父さんの葬儀についても
アメリカからだったので
1週間くらい休みましたが
葬儀の挨拶状を出すとか
欠席扱いしないというのにこだわるのって
なかったような気がします
今回
息子くんが授業を欠席するかしないかで悩んで
彼は学生課に問い合わせたようですが
出席となったところで
休んだ授業の内容が分からなくなることには変わりないので
授業が終わってから
ひとり新幹線に乗り
夜0時頃着きました
慌てた所為か
葬儀で着たスーツを4人分
後日クリーニングに出してびっくり
婦人スカート  1
紳士スラックス 1
婦人スラックス 2
なんですよ
受付の女の子のミスだと思ったら
そう
婦人物が3
身長175cmの息子くんが
姉の、ウエスト61cmのスラックスをはいていたのです!
どうりで丈が短くなったなぁとは思いましたが
息子くんは何も違和感なくはいていたようです
入ったから良かったものの
入らなかったら・・・
ジーンズで葬儀ってありえない~
喪のネクタイと数珠は私が持って行きましたが
後は自分で
なので
黒い靴下も黒の革靴も忘れて来ました
買いに走りましたよ
靴は亡くなった父の靴を履きました
そんなの言われなかったから分からない
なんてイマドキのコの言い訳していました
この野郎~
って思いました
やはり実家の近くにいないと
いろいろ不便なものです
距離って負担です

つづく。。。
by cosi-e-cosi | 2013-04-28 22:53

大切なものとの別れと「情」

すっかりご無沙汰しております
父が亡くなり
まだまだ細々した事務処理が残っていますが
とりあえず自宅に戻って参りました
初めての経験でチンプンカンプン
兄夫婦とあたふた、ドタバタ・・・
悲しいはずなのに笑いが漏れる葬儀となりました
葬儀屋と呼んでいいのでしょうか
葬儀社っていうのも
何か違うような
葬儀士?
プロの方々にいちいちトンチンカンな質問をするのですが
すぐに飛んできて丁寧に付き合ってくださいました
ありがたいことです
葬儀の後も
電話かけまくりで
またトンチンカンな質問をしても
飛んできて説明していただきました
友引の日は葬儀はしないというので
お休みかと思ったら
人形供養のイベントを開催しているということでした
人形って捨てられないですよね
日本人はすぐに思い入れしてしまう
情深さがあります
アメリカのガーデニングを見ていると
まだ花が咲いている花を抜いて
次の季節の花を植えるのです
農耕民族だから
日本人には枯れてもいない植物を抜いて捨てるなんてできない~
と思っていましたが
人形供養の話を聞いて
日本人の心にある情を感じたのです
「情」って
英訳するとなんていうのでしょうね
feelingではないし・・・
loveというのも少し違う
簡単に捨てられないのです
供養とか儀式をしないではいられない
今では
人形供養を引き受けてくれる寺とか神社も少なくて
清めの塩をもらって来て
塩を振って
ゴミ袋に入れ
ゴミとして処分するという話も聞きますから
そのイベントでは
午前中に人形を持って来て
午後からお坊さんに供養してもらうというのです
かなりの人が集まるということです
兜や長年使った印鑑を供養に持ってくる人もいるそうです
長年お世話になったという気持ち
大切なものだという思い
そういうものとの別れ方に
日本人の姿を見るような気がします
美しさを感じるのです
一度そのイベントを見に行ってみたいですね
この説明できない感じを
もう少し見つめてみたいと思います

つづく。。。
by cosi-e-cosi | 2013-04-23 23:53