てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

手土産

久しぶりに
アメリカで出会った先輩ママに会いました
経験豊富で
英語も堪能な人なので
いろいろなことを教えてもらいました
「チャンスはキューピーの前髪
 こちらを向いているときに掴まないと
 つるつるすべって
 掴めなくなるもの
 勇気を持って、手をのばしなさい」
とかね
今回は
お呼ばれしたときの話で
アメリカでは
食事に呼ばれて一品持って行くのは失礼なのよ
と教えてもらいました
以前うちの近所に住んでいたアメリカ人ご夫婦に
ハロウィンにおいでって誘われたんですよ
手ぶらっていうのもな。。。

ピザを焼いて行きました
日本ですから
日本人ばかりで
みんな一品持って来ていました
奥さんがいっぱい料理を用意してくれて
楽しく過ごした
って話なのですが
料理を持って行くのは
あなたが用意するのでは足りないでしょう
という嫌味になるのだとか
えぇ~っ!
ですね
知らなかった。。。
手ぶらで行くなんて~
どうも落ち着かないですよね
そういう場合はワインとかが良いわよ
とおっしゃっていましたが
ワインのこと知らないんですよ
用意できないじゃないですか~
そういうのもあってでしょうか
パパさんは日本からやたらとお土産を用意して持って行くんですよね
賄賂じゃあるまいし
何無駄使いしているのだろう?
と思っていましたが
どう振る舞えばいいか
作法が分からないときに
日本の物でお茶を濁すっていうのも
テかも知れません
などと思ってみました

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-02-26 23:40

スポーツと勉強と人生

五輪競技からレスリングを外す
というニュースには
またか~
という思いです
日本は眺めているばかりだと思います
だから
しっかり計画と展望を言えば良いじゃない
と思いますが
なかなか動きませんね
選手は競技と自分のことに集中
その環境づくりは委員の仕事
実施競技の見直しは良いことだと思います
他の競技にもチャンスがあるべきですから
「伝統」だけでは説得力はないでしょう
それでも
IOCの述べた説明は
競技人口
視聴率
スポンサーなどの援助
つまり
全てはお金になるかどうかなのだという理由に見えますね
競技人口というのは活躍する国のことでしょう
メダルを獲る国が1-2か国に絞られると
それ以外の国の人には人気がない
視聴率が取れない
視聴率が取れないとスポンサーがつかない
「お金を出せば問題ないんだよ」
と言われているみたいですよね
とてもがっかりな気分です
「お金」と「スポーツ」という組み合わせは
何だかブラックなイメージを持ってしまいがちですが
ただメダルという結果のため
活躍選手を優遇するというのではなく
社会的な意義
スポーツとは別の世界との関係を作る取り組み
子供たちの成長のための教育プログラムを用意したり
活躍のチャンスを用意したり
社会貢献の場を用意したり
未来への投資として
お金をド~ンとつぎ込む
きれいなお金の使い方して欲しいです
意識を見せて欲しいです
それぞれの競技の日本の委員会は
スポーツしかやってこなかったOB,OGでしょうか
監督やコーチもそうですが
スポーツ以外に
心理
教育
医学
法律
経済
経営
など勉強をしている方は少ないのではないでしょうか
アメリカのように
弁護士でもあるオリンピック選手とか
医学を勉強している選手を要求するとは言いませんが
委員会や連盟にはそういう素養が必要でしょうね
海外との交渉ができる人
海外と話しあえる人
そして
選手が選手を辞めた後にも人生は続きます
幸せな人生を追求できるような教育と環境をつくって欲しいです
高校にスポーツ科をつくるなら
そういったことを意識して欲しいです
大学にも
専攻した学部以外の勉強をもっとしやすいようなプログラムをつくって欲しいですね
な~んて
息子くんの受験中に思っています

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-02-16 09:33

身ひとつの笑い

日本テレビの「笑ってこらえて」で
NYでスタンドアップ・コメディをやっているRIOが紹介されていて
英語でアメリカ人を笑わせるから
凄い人だな~と感心しました
それで思い出しました

アメリカに居たとき
娯楽に飢えて
テレビとか映画を英語で観るのですが
英語音声で字幕がないので
とにかく映像から読み取るのです
推察力を駆使して
それでも難しくて
理解できないのがコメディ
アクション映画と子供の映画はまだ良いのですが
怒る、泣く、ハラハラ、ドキドキには言葉は要らないのですが
笑いは言葉と文化を知らないと
参加しにくいのです
特に
短い時間でインパクトを残すCMの笑いは
ひとつのものから連想すること
イメージ
印象が
外国人には分からないこともあり
みんなが笑っているときに自分は笑えない
いいなぁ~
楽しそうで。。。
って思ったものです
気が付いた人が説明してくれたりするのですが
笑いは
説明されてしまうと笑えないものです
笑いが欲しい!
日本のテレビやCM観たいな~って
思っていましたよ
日本に帰ってみると
これがまた分からなかったりするんです
笑いを共有するための何かが自分に足りないのです
そういえば
日本に帰国したときに
「さんぺいです」
というのが流行っていたのですが
面白さが分からなかったんですよね
ギャグというのは
何か空気感の共有なのかな?
と思いました
途中から参加した飲み会のように
居心地良くないのです

RIOさんは
アジア人であること
日本人であることを強みに
笑いにしていました
「アジア人でコメディをやる人はあまりいないから
 劇場に入るときに止められて・・・
 顔を見ると、シャツのコーヒーのシミを相談された・・・」
とかね
アメリカでクリーニング屋というと韓国人なんですよ
そうそう
アメリカ人には大ウケ
日本人、韓国人、中国人区別はつきませんからね
ここじゃ、同じようなもんさ
という感じも良いですね
アメリカっぽい
彼は
何かものを使うのではなく
身ひとつの力で何かやってみたかったから
スタンドアップ・コメディを選んだ
というのですが
分かるような気がします
アメリカは
そんな風に思わせる国だと思います
一人で頑張っていると
必ず見てくれていて
良ければ認めてくれるし
応援してくれる
見る目がどこかにある
だから
頑張って
やってみることがとても楽しい
認められたらとても嬉しい
自分の素の力をちょっと試してみたい
という気になるのです
不思議ですね
日本ではちょっとでも目立たないようにしていよう
という気分になるんですよね
それはそれで楽でもありますが
子供や若い人が、やはりそういう感じなのは
寂しいですね
頑張っている人には
声かけたり
褒めたり
応援したりする社会が良いと思っています

つづく・・・

 
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-02-11 21:47

雲をつかむ話

「雲をつかむ話」
 多和田葉子

あまり感覚的な文章は好まないのですが
ドイツ語と日本語
翻訳する言葉
外国人が話す外国語
違和感がある
っていう所に興味を持ったので
読んでみました
空に現れてはどこかに消え去る雲のように
思考や感情がふとわき起こっては
消えたり
形を変えて違う姿を見せたり
その自然なうねりが面白くて
クセになる文章でした
ストーリとは別に
雲の形や色なども同時に意識して読むと
そのうねりが見えるようです
外国語のできる方は、やはり
言葉の選び方がきちっとしていると思います
「きちっと」とか「きちんと」って
翻訳しにくい言葉だと
何かで読んだことがありますが
より多くを理解してもらうために
意図したとおりに受け取ってもらえるように
正しく届けられるように
慎重に
考え抜いて言葉を選んでいるのです
そういう「きちっと」です
逆に言うと
日本語は大体を話せば文章になってしまうのです
物事の輪郭だけを言って
後は読者の想像力に託す
それはそれで日本語の味のあるところなのですが
分かる人には分かりますが
分からない人には分からないのです
多和田葉子さんの文章は
そういう意味で
読者にとても良心的で親切なのです
「犯人」は「犯罪者」とは限らない
自分が語るのは「犯人」

その意味や定義を細かく丁寧に表現してくれます
そして
「実力」という日本語にあたるドイツ語がない
実力とは何なのだ?
というようなことも言います
そう
「実力」って大体な言葉なのです
実際に持っている力?
実は持っている力?
生まれながらに持っている素の力のこと?
努力して積み上げた力は?

「力」と言っても
筋力、能力、権力、尽力、効力、恩恵、元気、視力
どれもも力
どういうニュアンスを込めるか
自分で言葉を選ばなければならない
それは英訳でも同じです
powerか
talentか
abilityにするか
考えて選ばなければならないのです
そういう話が盛り込まれているので
面白く読みました
日本語を教えているとき
正しさがギリギリ怪しい例文で文法練習をするのですが
最低限しか言わない生徒は
「春が来ると出たい」
とか
「カエルが川から出ました」
とか
「赤い家の外に出ます」
みたいな文しか作らない
という話が出て来ます
日本の英語の勉強でもあります
私もやらかしていたように思いますね
伝えたいことがなければ
話したいことがなければ
間違ってはいないけれど何もわからない文
She gave him a card.
みたいなね
She=彼女は誰だよ
him=彼って誰だよ
card=カードって何かのメッセージかい?
面白くない文ですよね
こんなのをいっぱい書いて宿題提出していました
先生も何も言わなかったけど
笑えます

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-02-10 23:47

ダビデとかさ地蔵

公園に設置されたダビデの彫像にパンツをはかせるか否か・・・
って
何となくつけっ放しにしていたテレビから聞こえてきて
詳細はよく知らないのですが
いろいろ想像しまして
爆笑してしまいました
裸体ですから
芸術とはいっても
目のやり場に困るというか
公園ですから
ダビデ像の前でお子たちとお弁当とか
確かに気まずいかも。。。
気持ちも分からないではないような
でも
パンツをはいたダビデ像なんて
面白すぎです
当事者たちは真剣でしょうから
申し訳ないのですが
笑えます
そもそも
なぜそこにダビデ像だったのでしょうね
ヨーロッパでは
生活圏に彫像が溢れています

c0199869_2220205.jpg

とか
c0199869_22211399.jpg

とか
c0199869_2222159.jpg

だったり
c0199869_22223713.jpg

公園、広場、噴水、建物の屋上、建物の壁、ベランダ・・・
着衣のものが多いし
裸体であっても
ずっと置かれているので
景色と一体化した色になっています
なにより
その土地にゆかりのある神話や人物
そこ出身の芸術家の作品
自分が信じる宗教の聖人
川の側のベランダには
釣り糸を垂れる人だったり
飛び込もうとする水泳選手だったり
遊び心のものがあります
公園にダビデ像が一体の意味
箱根彫刻の森とか
上野の美術館前とかなら
違和感ないでしょうに
まずそこに芸術の理解不足という失敗があるように思います
そして
ダビデ像にパンツと聞いて思い浮かんだのが
「かさ地蔵」なんです
雪が降る日に地蔵に傘をかぶらせると
地蔵が夜中にお礼に来るという
ありがたいんだか
こわいんだか・・・っていう昔話です
うちの近所でも
寒い日には地蔵がマフラーをしていたり
毛糸で編んだ帽子をかぶっていたり
夏には麦藁帽をかぶっていたりするんですよね
ダビデが寒そうだから、パンツってわけじゃないのでしょうが

日本人って感情論的思考が強いと思います
理論的じゃない
何となく思う
感じ
雰囲気
感情移入
日本人のそういう所は好きです
大事にしたい感覚だと思います
とても繊細というか
「神秘と不思議の国」と言われる所以でしょう
でも
インターナショナルではないし
世界には伝わらない感覚なのです
そのことも理解しておくべきだと思います

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-02-09 13:14

日本にいるのにマイノリティ

テレビの番組欄を見ていて
良く思うのですが
「〇〇〇が赤っ恥」なんて書いてありますね
それを見ると
日本ぽい・・・と思ってしまいました
思ってしまって
残念な気分です
できないこと
知らないこと
分からないこと
それは
できるようになれば良いこと
どうすればできるようになるのか自分で考えたいこと
知らないことは知れば良い
知らなくても良いこともありますし
知ったところで
その知識をどう使うかが大事です
分からないことは考えればいいじゃないですか
なぜ
恥だと思わなければならないのか
それはまだ
個人の感じ方の問題として
バカにする方が恥ずかしいことです
年齢差があっても
どんなに親しい間柄であっても
相手の人格を認める
辱めたり
見下したり
傷つけたりしない
そう学んでいかなければならないと思いますが
固いコトいうな
面白いから良いじゃないか
と刷り込んでいくのは
とても怖いと思います
そういったところに
「いじめ」
「パワーハラスメント」
という
今報道されている事件にも
どこか根底に流れていると思うんですよ
人をバカにしたり
悪口を言うことが
気の利いたジョークだと思っていたり
仲の良さを表すと思っている
自分の身内を悪く言って謙遜しているつもり
日本人には多いです
それを聞いた外国に人は困って言います
「それを聞かせて、どうして欲しいんだ?」

日本人は奥ゆかしさを大事にする
なんて言いますが
親しい人を使っての謙遜は「強要」でしかないのです
何も
できないことをできるがごとく
話を盛れとは言わないし
自分から自慢しろとは言いませんが
悪く言うのはやめて欲しいと思います
たまに海外で
そんな発言をしている日本人、選手、俳優がいますが
それこそ
何も届いてはいませんから
理解されていないことを知って欲しいな
と思います
ちょっと恥ずかしいんですよね
日本人は謙遜する人が好きですよね
へりくだって欲しい
バカにされても笑いに変えれるほどじゃないと
受け入れられない
そんな感じがします
特に
欧米人系のタレントはバカ扱いされないと居場所がないかのように見えます
あれって
差別のような
イジメのような
そんな風土の見本をテレビで解説しているように見えます
すごく違和感を感じます
うちでは
娘ちゃんも息子くんも
???が飛び交っているのですが
社会に出ると
二人のそういう所も浮いて見えるのです
生きにくいと思いだろうなと思いますね
間違っていないと思うのですが・・・
そういうと
アメリカ人は言います
正しいか正しくないかじゃなくて
あなたたちは日本ではマイノリティなのよ~
って
マイナーですね
それだけなのですが
生きにくいって
悲しい。。。

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-02-01 00:20