てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ターミナル・マン

どこに住んでいるか
どこの国が発行したパスポートを持っているか
自分をどこの人間だと感じているか
この三つは全く別のこと・・・
っていう
「くるみ街道」を読んで思い出したのが
サー・アルフレッド・メヘラン
アンドリュー・ドンキン

「ターミナル・マン」
そう
トム・ハンクスの映画「ターミナル」の元になったという
空港に住む男の話
とはいってもストーリーは違います
映画の方は
父親のやり残した夢を叶えるためにアメリカへ
母国の内戦で一時的に国交が断絶され
入国することができず
帰国することもできず
空港から出られなくなってしまいます
空港には
祖国に帰れない理由を抱えた移民
家族のために届けたいものがある人
恋する人
それぞれに法に触れたり
各々が道徳に背くような部分を隠している
誰もが
どこかに向かって旅立ち
どこかへたどり着く
ターミナル
でも「ターミナル・マン」の方はとても複雑で
分かるようで分からないような話です
イラン生まれの男は
自分の実母が別にいることを知ります
父の働く病院で看護婦をしていたイギリス人女性なのですが
イランでそれは重罪
何とかごまかしていたわけですが
心は複雑です
細かく心情が描かれていませんが
父や国を否定していたようです
ドタバタの挙句、国を出ます
ベルギーで難民申請をして証明書をもらうのですが
それを捨ててしまいます
フランスには降り立ちましたが
イギリスには行けません
それで
シャルル・ドゴール空港に住み続けるのです
再発行するには本人が受け取りに来なければならない
といっても
パスポートも難民証明も持っていないためにどこにも行けない
空港から出ることができない
挙句の果てには
受け取り拒否をするんですよ
国籍にイランと書かれているからって
自分はイラン人じゃないなんて言って
言葉の問題なのか
心の問題なのか
法の問題なのか
もっと上手くやれないのかとあきれる話ですが
どこに住んでいるか
どこの国が発行するパスポートを持っているか
自分を何人だと感じているか
その三つは全く別のもの・・・
だけど
バランスが取れずに
歪みに落ちてしまったのでしょうか
16年とか
それ以上空港に住んで
その後どこかの老人ホームにいるということをちらりと聞きました
彼は何に腹をくくったのでしょうか?
何を求めたんでしょう?
幸せでしょうか?
なんて思いました

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-06-30 21:59

くるみ街道

「くるみ街道」
  青木奈緒

c0199869_12593822.jpg


「ハリネズミの道」の続編的小説
読みました

主人公は
日本へ帰国するたびに疎外感、違和感が増える
予備知識が何もなく
いきなり映画の真ん中をのぞく感じ
分からなくてもいいようなことでも
分かち合えないことが気まずい
そして
本来なら
疑問も持たずに
みんなと一緒に流れて行けるはずなのに
それが出来なくなった孤独
自分で自分をはじき出している
そうなんですよ
思い当るところがあります
彼女に
「ある人がどこに住むかということと、
 その人がどこの国で発行されたパスポートを持っているか、
 そしてその人が自分をどこの人間と感じているかということ、
 その三つはまったく別のことではないかしらね・・・
 三拍子そろっている場合もあるでしょうけれど、
 違っていても今の世の中なんぬ不思議も、不都合もない」
小説の中のヤンマーおばさんが言ってくれます
問題は
ドイツで仕事をしていること
ドイツに恋人がいること
それが間違っていることではないけれど
そうしている間に
確実に日本で過ごす時間を失う
いつかは日本にもどるつもりもあるし
せっかく形になってきた仕事を放り出せない
ドイツ人の恋人
ふたつの国の間で揺れる思い
自分でも白黒つけられない気持ちを
親の状態や思惑が絡んできて
穏やかな気分ではいられない
迷う年頃です
おっしゃる通り
迷うような年齢なんですよ
独身女性なら
日本に居ても迷うでしょう
仕事、結婚、そして未来
悩める彼女に
ヤンマーおばさんは
一軒家に引っ越してごらんなさい
と勧めるのです
それできっと何かがはっきりすると
生活にはずみがつくだろうと
そうなんですね
私たちもてんてん転校生のとき
社宅とか会社の用意した住居に住んでいました
そのときには何も考えていませんでしたが
アメリカから帰国して
パパさんが転職して
マンションとはいえ自宅を購入したときには
何だかその地に構えてしっかりやろうって気になりましたし
落ち着いて生活できるだろうとホッとしました
そうは言いつつ
また引っ越したんですけどね
先のことを考えて悩むばかりでいた自分
今できること、今しかできないことを精一杯やる決心をした自分
思い出していました

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-06-29 13:52

小さな感覚の大きな違和感

ダルビッシュ選手が球数に関係なく最後まで投げたいと言った
って話が出ていましたね
ちょっと面白いと思いました
モチベーションとか達成感とかリズムに乗る感じ
日本とは違いますから戸惑いがあるのが感じられますよね
ちょっとした事のようですが
とても大きな違いになってしまうんです
何となく分かる気がします
労働時間や労働環境などの規定が厳しいんですよね
アメリカ
そういえば
バースデーパーティでも1~2時間
時間が来たら終わり
さっさとみんな帰ります
今ちょうどいい感じだよ~とか
盛り上がっているところだから~とか
もうちょっとだけいいじゃない~とか
招待した私がそう思っていても関係ない
あっけないくらいで
あっさりしすぎで
楽しくなかったのかなぁ~?なんて思ってしまいます
Clean up!で一斉に片付けが始まって
さっさと帰って行く
祭りの後の寂しさかな・・・
日本人たちは
結構だらだらいますよね
帰る人と
私片付けていくから~って人と様々で
みんな残っているから帰りたいけど帰れない・・・とか
そのうちまた話が始まっちゃったり
でも
中には、もういい加減にかえれば?ってくらいの人もいて
そっちはそっちで
空気読めないんだ~と思ってみたり・・・
ああこれが日本だな~なんて思います
どちらも良い面がありますが
この面倒の起こりやすい日本式の方がしっくりくるもんなんですよ
日本人には
電気工事を頼んだときも
ゴムの長靴を履くと決まっているから靴は脱げないと言うんですよね
家の中では靴を脱ぐ日本人としては受け入れにくい
家中に新聞紙を広げまわりましたよ
日本じゃ常識的じゃないですか
業者がちゃんと床や壁にビニールシートをはって作業をしてくれます
衛星放送のDISHを取り付けるアメリカ人は
気前よく靴を脱いでくれたけど
外へ出るときも裸足で
またそれで家の中に入って来るから
同じやん!!
心の中で関西弁でツッコミました
そして
学校
学校には清掃の人が必ずいます
散らかったゴミやゴミ箱のゴミを収集してくれます
うちの息子くんなどはそういうことのお手伝いをするのが好きなので
手伝おうとすると
しないでくれと言われていました
それは自分の仕事だから・・・と
そうなんですけど
傍にいて知らん顔するのって心苦しかったりしますよね
その話をすると
アメリカ人の一人が
他人の仕事を子供がちょこちょこっと簡単に手伝ってしまうのは
その仕事を任された人に失礼なこと
子供にだってできるようなことがその人の仕事だという意味になってしまう
片付けやすいようにゴミ箱にちゃんと入れてあげるのは良いけど
仕事を奪ってはいけない

なるほど・・・
と思いました
でも日本にいると
そういうことでは態度が悪いと言われたりもします
帰国してからの引越しなんて
楽々パックというので増額支払っているのに
傍にいると
これラックにかけてくださいとか
あれ出してくださいとか
手伝わされて???でした
教室の清掃のおやじは子供にも手伝わせなかった
ゴミ箱にゴミを拾って入れたらThank you♪と言ってくれるプロの清掃員だったけど
プロじゃないなぁ、この人たち
って不満でした
私、小さいかな?

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-06-27 10:17

情報では縮まらない距離

言葉には不思議な力がある
というが
特に漢字は
音だけでなく
文字自体が意味を持っているわけで
絵でもあり
シンボルだと思うので
やはり
言葉は呪文になると思ってしまうのです
なので
パパさんのお兄さんの病状報告は
文字にするにははばかられ
入院していることだけをメールして
電話してもらうことにしました
なかなか連絡をくれないので
取り乱しているんじゃなかろうかと
心配もしましたが
出張も多いし
なかなか忙しいようで
結局最小限の報告になりました
7月と8月は飛び回っているようなので
一時帰国は難しいようですから
出来ないときに心配の種だけ撒くのは酷いかな
ということになりました
みんなが
目の前のことを一生懸命にやり
みんなのことを思いつつ行動したら
きっと良い方向に進めると思います
そう信じます
それにしても日本って
どこの国からも遠いです
アメリカの世界地図でも
ヨーロッパの世界地図でも
右の端の端に小さく描かれています
Far East
極東
って
こういうことなんだな・・・

地図を見ると実感します
もちろん電話、携帯電話
インターネットやスカイプ
交通手段だって発達して
世界は小さくなったと言いますが
心や精神は同じようにはいきません
文明の進歩には追いつけていませんね
情報だけが届いても
どうすることもできない事は多い
もどかしく
切なく・・・

近くに居ても遠くに居ても
距離とは関係ないのかも知れません

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-06-25 00:04

大人のカレンダー

ここ数日でまた
いろいろなことがありまして・・・
パパさんの単身赴任も長くなりそうで
来年はちょこちょこ行ってあげないとな~
と思い始めたんです

私の実家の父
癌が再発です
年齢も年齢で
すぐにどうこうってこともないでしょうが
私たちがアメリカにいた頃に父は大腸がんになり
私たちが帰国してバタバタしている頃父はリンパ癌に
同時期
実家の近所に住んでいた母の弟=叔父が胃癌に
母の母=祖母の介護・・・
私に心配をかけまいと
あまり知らせてこなかったんですよね
母一人で抱え込んで
人に上手く頼れず
いっぱいいっぱいになったんでしょう
電話での受け答えが何となくおかしくて
私もやっと気が付いたのですが
人には抱えられるキャパシティというものには限界があるのですね
母が壊れました
オーバーヒートして
病気になるとか
病むとか
ダメージを受けるとかじゃなくて
壊れた。。。
パパさんの転職や受験などが重なって
ほんの少ししか手伝うこともできませんでした
それでも母は嬉しかったようです
そして
電話で話をいっぱい聞いてあげるようにしていたら
随分元気になって来ましたが
完全に元に戻るということはないんだな~
と思っています
その後
叔父が亡くなり
祖母もなくなり
二人の家の整理や片付けを父母が主にやらなければならず
最近やっと落ち着いたので
ゆっくり楽しく、のんびり過ごして欲しいな…と思っています
そう思うと
海外は遠いんですよね
そして
パパさんのお兄さんが検診でひっかかり
詳しく調べたら胃癌だと分かり
これが胃の入り口付近で
背中側
見つかりにくかったのか
かなり進んでいて
胃を摘出
転移も見られてって
何の兆しも気配もなく
突然の知らせです
海外にいるパパさんにこれから連絡するつもりですが
主人の母は健在で
でも全て言葉にするのは残酷過ぎて
全部は言っていないようです
察しはついていたとして
言葉としては聞きたくないと思いますね
パパさんにも少しグラデーションをつけて話そうかと思っています
ここ2日ほど考えております
義姉と相談したんですよね
母は息子のことになると弱く
男はとてもとても弱いねって
そういうことを考えると
ちょっと身動きできない気分です
パパさんの男としての挑戦みたいなものを良いと思うし
応援しようとは思うのですが
私も両親に少しは孝行したいです
今しかできないこと
今しなければならないこと
それが重なるのが本当の「大人」のカレンダーですね

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-06-23 15:48

贈り物の心

日本の贈り物って難しくないですか?
特に
距離のある方との付き合い中での贈り物って考え込んじゃうこともありますよね
先日会った友人も言っていました
子供たちがそれぞれに結婚して
母の日、父の日、クリスマス、誕生日・・・
海外育ちのお嬢さんはアメリカ人と結婚してアメリカに住んでいることもあって
その都度贈り物があるそうです
女の子というのもありますよね
あまりにかわいい花をもらったので
息子側の子供
つまり孫に見せたら
息子の嫁が悩んじゃって
息子に怒られたのよ~
そんなつもりじゃないのに。。。って
アメリカは家族や友だち
ちょっとした知り合いにでも
とにかくカードやプレゼントを贈ります
パーティで初めて会った人にでも
その日が何かの日ならプレゼントやカードをあげたりします
それはもう半端ない
そんな中で育ち
そんな中で生活していると
ごく自然に何か贈るんですが
嫁には難しいですよね
嫁に行ったとしても、やはり他人
他人だからこそ表現しないと分からないってところもあって
でも所詮は薄給の息子のお金使うわけで
ゴージャス過ぎても良くないし
でも
比べられるのも嫌でしょうし
気を遣い過ぎるのもヘン
ってね
でもほかの友人が
兄嫁が送ってきた母の日のカーネーションがコンビニからだった
って
親が怒ってたんだよ~
と話してくれたことがあります
お金じゃない
というか
結構立派なものだったらしく
そんなこと言ったらコンビニに失礼よ
とも言っていましたが
ちょっと分かる気もしますよね
今どきインターネットでできますから
そして
東京の方は比較的あっさりしていると思いましが
田舎の方にいくと結構濃厚で
やり取りの中の人情みたいなものを言うし
遠慮の仕方にも文句が付いたり
土地によってまるで違いますから
大変なんですよね
同じ会社の社宅内でも
営業と研究関係ではまるで違うし
建築建材
飲食関係
など業界ごとにお金の使い方ややり方が違います
これが本当難しい
よく分からないんですよ
親の職業によって解釈も違うでしょうし
てんてん転校生の我が家でも
何となくは理解できても
自分が適切に行動できるかっていうと
そりゃ実践訓練がいるわけでムリ~

あの人はこうした、ああしている
うちはこうよ・・・
井戸端会議が必要じゃないかと最近思っています

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-06-19 00:37

ハリネズミの道

c0199869_232365.jpg


「ハリネズミの道」
  青木奈緒

やはり海外生活や留学を書いたものには興味を持つので
選んで読んでしまいます
「ハリネズミの道」は
留学生としてドイツを訪れた日本仁女性の生活を叙情豊かに綴ったエッセイ
なのですが
エッセイと言っても、そう、とても抒情的で、
留学生活をテーマに短編を集めたような
私小説的な色合いです
なので
ドイツ人が日本人とどう違うとか
どんな苦労をしたとか
何を得たか・・・という
転校生な話ではありません
ある意味歯切れが悪いというか…
それは何故か
あとがきを読んで分かりました
彼女は
実際にはドイツの語学学校に2か月通い
その後オーストリアへ行き、一年の留学
日本に帰国して、すぐまたドイツへ
その後
行ったり来たりするものの
生活の基盤はドイツ
5-6年経って
海外生活が自分の力と性格でつくられるようになる
自分で操れるようになる
日本と同じではなくとも同じくらい自分らしく暮らしていると感じられる
心が通じる人や魅かれる人と出会い
生活に色が塗られてくる
何だか成し遂げられた感がある
私たちがアメリカで生活したのは2年半
9.11のテロを機に子供のいる駐在員は帰国させようという方針になり
何となく絵になってきたところだったところで終了が
何となく心残りだったような感じがします
でも
海外で自由に暮らせはじめるということは
日本が遠くなるということなんですよね
自分が日本人であるということは変わらないけれど
どんどんリアルになっていく海外生活
でもあるのは滞在許可だけで
人との繋がりや自分の気持ち、国籍と人種
そういったもののバランスが少しずつ崩れてきているんですよね
分かっているのと納得することは少々違うので難儀なのです
ああ、そういことだったのか。。。
と思いました
2年半かけてアメリカでの自分に寄り添った思考は
日本に帰って
そのかかった年数の2-3倍かかって
日本での自分になりました
帰った場所は帰ったとは名ばかりで
初めて降り立つ町でしたし
私たちのには必ずアメリカからの帰国子女という肩書がついていたから
そういった場所や立ち位置という項目にひとつひとつ
寄り添っていかなければならないので
落ち着くには数倍時間がかかります
知ってしまったことを知らないことにはできないし
身につけてしまったことを全部捨て去ることもできない
全てを抱えて
どう、より良い自分にしていく
そして今いるで適応させていく
やはり出会いでしょうね
心が通じる人と心惹かれる人とであって
暮らしの彩りを鮮やかにしていく
そこでしかできない

ところで続編に「くるみ街道」があるそうです
日本とドイツ、心の落ち着きどころを探す話のようです
そのうち読んでみたいと思います

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-06-17 00:40

甘えんBOY

男50にして、最後の夢に挑戦・・・って
ヨーロッパに単身赴任したパパさんのその後ですが
時期が時期だから
そんなに私たち家族は行けないからね
一人で頑張れるんだったらどうぞ~
じゃなければ、私とお子たちのために日本で働いてくださ~い

そろそろ3年になります
EU内はもとより、アメリカへの出張もあり、日本へも出張があります
危ない、危ない
一緒に行っても結局私たちは英語も通じないその国に放っておかれる
アメリカにいたときと同じになるところでした
3年経つと慣れて来たようですね
仕事も順調に進んでいるようで
だからでしょうか
今年に入ってから
電話でも
もっと優しく言って・・・とか
ちゃみしい~の・・・とか
って
赤ちゃんがえり?
だから言わんこっちゃない。。。
海外に単身赴任した先輩方で離婚した方もいらっしゃるんですよね
やっぱり子供の方が気になりますし
女は仕事があるわけでもなく
繋がりは夫のみ
見知らぬ街で女は寂しいものです
男は仕事に出れば
敵でも味方でも仲間でも・・・
いろいろな人に会い
家に帰れば妻がいる
常に誰かといるわけですが
男はそこを理解できないようです
女は家族だけ
ある年齢になったら夫だけ
それでも日本では井戸端会議や茶飲み友達と楽しくできるわけで
しかも
日本はどこの国より清潔で便利
やっぱり日本が良いし
日本に留まる
ちょっとかまってもらえないと寂しくて
優しくしてくれる女性に走る・・・
よくあることなのです
手がかかります

息子くんが大学に入ったら
私はもっと甘えるヤツのところへ
数か月単位で行くことになるでしょうね
ずっと誰かの面倒見て終るのかしら?
何だかな~
女の心の支えを何に求めればいいんだろう?
そう女の夢と幸せはなんだろう?
悲観するとか
辛いとかじゃないけれど
やはり永遠のテーマです

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-06-12 00:51

男の浪漫と女の夢と幸福

最近テレビなどで興味持って見ています
布袋寅泰さん
男50にして、最後の夢を追う・・・って
娘は10歳
パパの夢はパパ一人で追えば・・・って
娘ちゃんが渡米したのが10歳だったな~
そして
パパさんが現在のヨーロッパの仕事に転職するときに言ったのが
男50にして、最後の夢に挑戦したい・・・
でした
パパの夢はパパ一人で追えば・・・

私が言いましたけど。。。

娘ちゃんが大学に入るときで
息子くんが高校に入るときで
受験の最中でしたから
とにかくお子たちには何も言うなって釘を刺しまくりました

パパさんはサラリーマンですが
世界一幸せなサラリーマンじゃないかと
私は思っています
もちろんすごく熱心で本当によく働いていますが
会社の名前と会社のお金で
いろいろな仕事をさせていただき
経験を積ませていただき
経歴を増やして
最後に夢を・・・って挑戦できるわけですから
男として良い人生ではないでしょうか
お子たちと私は巻き込まれて
振り回された感を否めませんけどね
愛情がいっぱいあるのは分かっていても
パパさんは子供のようなものです
とにかく自分のこと、自分の仕事のことしか考えていませんから
お子たちがかわいそうなときもありましたし
私に全責任がかけられていて、苦しいときもあります
正直ツラいんですよ
ちょっとしたことでも一人で悩むのは
一人だから
ちょっとしたことにもひとつひとつ悩むのでしょうしね
ただ
徐々にね
息子くんも大きくなってくると
男の生き方ってこういうものかな・・・
男として、息子くんもこうあって欲しいかも・・・
と思うようにもなってくるから不思議です
逆に
女がこういう生き方は一人ぼっちでしかできないかな?

一生懸命がんばって
自分を磨いて
努力して
就活している娘ちゃんを見ているとね
女が幸せに生きるってどんな風なのかな?
複雑な気分です
男は夢と家庭と両方を手に出来ますが
女はやはり同じではないと思います
不公平と言うわけではなく
ただ違うんです
海外は進んでいるように思いますが
それでも同じ根の問題を抱えていると思います
女性の幸せな生き方
永遠のテーマです

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-06-10 14:34

就活の質疑応答

知人と食事をしました
娘ちゃんが帰国して通い始めた小学校で
同じ時期に帰国した同じクラスの女の子のママです
アメリカと言っても広くて
州が違えば国が違うほど違いますし
滞在年数が違えば
また、もっと違ってくるのです
それでも
分かりあえるところがいろいろあるので
年に一回くらいは会って話をします
娘ちゃんは美術系なので
全然違う職種の就活のことは全然分からないのですが
そのお友だちは
アメリカ滞在も長くて、英語が堪能ですが
帰国子女だと分かると
それは利点にはならないのかな
って言っていました
現在能力として英語力がある
それだけで良いんじゃないかなって思っちゃうってね
でも必ず、なぜその後留学しなかったか?
と質問されるということでした

そうなんですよ
自分の意志で挑戦して何をやり遂げたか
それを求められているって
そこが留学に限定されて聞かれてしまう
被害妄想かな?
ってね
問題は簡単といえば簡単です
留学ってお金がかかります
アメリカでは合格しても
4年間の学費一括支払いとか
貯金残高提示とかあったりで
入学が取り消されたりってこともあるくらいです
交換留学のシステムで行くとか
親の仕事で滞在ビザがありレジデンスとして通うとか
そうでなければキツいです
いやそれでも結構お金がかかります
行きたくても
そんなにお金がありません
と答えてしまえば良いかというと・・・
ちょっと分かりませんよね
うちなんかだと
アメリカに懐かしさはあっても興味はないとか
これ以上日本で浮きたくないとか
そういう本当のこと言っても良いのかな?
何をどう見て、判断して、選択したか
どう気の利いた話にすればいいのか・・・
なぜ挑戦したかは説明しやすいけれど
なぜ挑戦しなかったかは難しいですね
帰国子女だけそういう質問されるのは不公平じゃないか・・・
複雑な思いになる
と言ってました
そうですね
確かに・・・
その質問の裏に帰国子女への偏見もあるような
なにかそんな感じるものがあったのかな?
微妙なそういう感じは良く感じますからね
就活
一次面接、二次面接、最終面接
昔と違って何度も何度もありますし
広く深く聞かれるんですよね
ホント、大変そうです
娘ちゃんは
初めて会った人にそんな深い話は出来ません
なんて
思っていそうです

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-06-09 23:02