てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

美しい子ども

バラエティ番組でよくあるのが
誰か一人を無視したり
誰か一人を貶めて
笑いを取るという
芸でもなんでもない手法
これを
大人たちが
とても楽しそうにやっている
イジメのようで
私にとっては
見ていて気分が悪いものなのだけれど
誰も指摘しないですよね
私がそう言っても
感覚が違うというか
「笑い」じゃない?
「だってテレビじゃない?」
「おもしろいじゃない?」

余計なこと言ってんじゃないわよ
という雰囲気になるんですよね
面白い?
ちょっと納得いかないのですよね
それを
先日見たバラエティ番組で
子役のひとりが
なぜなの?
どうして一人だけ嫌われちゃうの?
って
とても不思議そうに言いました
会場も出演者も
何となく、クスクス笑ってお茶を濁す
そのように見えました
いじられ役の芸人さんが涙目になって
優しいね
って
それも何だか笑いになっていたのですが
子役ひとりが正解だと思いました
当たり前のこと
子供は本当に正しい!
その子供たちを変えてしまうのは私たち大人
その子供たちを汚してしまうのは私たち大人
変わらないでいる美しい子供たちを壊してしまうのも
私たち大人の責任
小さな美しい輝きを見つけて
嬉しい反面
無力感を味わう1シーンでした
何かできることを見つけよう
と思うのでした

つづく。。。
by cosi-e-cosi | 2013-05-05 13:30