てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

距離と絆と思い

受験が終わってすぐ
いよいよ容態が悪くなった父に会いに行きました
若い頃
学校へ行っているだけ
仕事しているだけの娘時代には
東京ー新大阪の数時間は近い距離でしたが
主婦をしていると
いろいろな都合が重なりますから
その数時間が遠く感じられます
今回は
パパさんの転勤(単身赴任ですが・・・)先への引っ越し
娘ちゃんの卒業行事
息子くんの受験
父の病状悪化
いろいろ重なりまして
実家とうちとを行ったり来たりです
誰かが一番とか
プライオリティがあるわけじゃないのです
みんな同じように大切
だから
足枷とも思えるときがあって
それでも思いがあって
こういうのが絆かなって感じます

息子くんは
難関目指しての旅だったのですが
夢破れました
保険に受けていた大学には合格していました
中堅で、悪くない大学だと思うのですが
失礼ながら
息子くん、ちょっとシュンとしていたんですよ
一年間がんばって結果が出ないのはツラい
でも
受験はそういうもの
一発勝負です
結果を受け止めて
これからまた進んで行こう!

〆ました
おじいちゃんにお祝いのお礼も言わなきゃね
と言って
実家に向かうため
家を出ようとしたとき
速達がきて
第一志望ではないにしても
追加合格証が届きました
〆たのに。。。
これまた失礼ながら
第一志望じゃないので戸惑っているだけでした
〆たので。。。
パパさんが
これで
満足できなくても、ちょっとは納得できるんじゃないの?
と言うと表情が和らぎ
おじいちゃんが
また受かったのか~って
東大に受かったかのように喜んでくれて
とても喜びました
自分以上に喜んでくれる人がいるのが
こんなに嬉しいなんて
知らなかったでしょうね
娘ちゃんが
一晩おじいちゃんの病室に付き添う
と言いまして
そのとき
おじいちゃんは泣いて喜びましたね
自分が居るだけで
こんなに喜んでくれる
そんな経験は
てんてん転校生
おじいちゃん&おばあちゃんが近くにいなくて
核家族で育ったお子たちには
すごいインパクトですよね

ありがとう~です

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-03-07 22:38