てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

スポーツと勉強と人生

五輪競技からレスリングを外す
というニュースには
またか~
という思いです
日本は眺めているばかりだと思います
だから
しっかり計画と展望を言えば良いじゃない
と思いますが
なかなか動きませんね
選手は競技と自分のことに集中
その環境づくりは委員の仕事
実施競技の見直しは良いことだと思います
他の競技にもチャンスがあるべきですから
「伝統」だけでは説得力はないでしょう
それでも
IOCの述べた説明は
競技人口
視聴率
スポンサーなどの援助
つまり
全てはお金になるかどうかなのだという理由に見えますね
競技人口というのは活躍する国のことでしょう
メダルを獲る国が1-2か国に絞られると
それ以外の国の人には人気がない
視聴率が取れない
視聴率が取れないとスポンサーがつかない
「お金を出せば問題ないんだよ」
と言われているみたいですよね
とてもがっかりな気分です
「お金」と「スポーツ」という組み合わせは
何だかブラックなイメージを持ってしまいがちですが
ただメダルという結果のため
活躍選手を優遇するというのではなく
社会的な意義
スポーツとは別の世界との関係を作る取り組み
子供たちの成長のための教育プログラムを用意したり
活躍のチャンスを用意したり
社会貢献の場を用意したり
未来への投資として
お金をド~ンとつぎ込む
きれいなお金の使い方して欲しいです
意識を見せて欲しいです
それぞれの競技の日本の委員会は
スポーツしかやってこなかったOB,OGでしょうか
監督やコーチもそうですが
スポーツ以外に
心理
教育
医学
法律
経済
経営
など勉強をしている方は少ないのではないでしょうか
アメリカのように
弁護士でもあるオリンピック選手とか
医学を勉強している選手を要求するとは言いませんが
委員会や連盟にはそういう素養が必要でしょうね
海外との交渉ができる人
海外と話しあえる人
そして
選手が選手を辞めた後にも人生は続きます
幸せな人生を追求できるような教育と環境をつくって欲しいです
高校にスポーツ科をつくるなら
そういったことを意識して欲しいです
大学にも
専攻した学部以外の勉強をもっとしやすいようなプログラムをつくって欲しいですね
な~んて
息子くんの受験中に思っています

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2013-02-16 09:33