てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

学校の存在意味

娘ちゃんの知り合いに
高校へ行かなかったコ
高校を辞めたコ
結構います
学校に行くのが当たり前
と思っていた私には
なかなか理解できなかったんですよ
最初
実際
中には子供の言いなり
甘いだけの親もいましたしから
紛らわしい
というか
余計理解できないのです
今でも理解できているのかどうか・・・
ただ
お子たちはとても疲れていました
こまやかな心遣いができて
優しくて
まじめな子供が
疲れ切っていました
クラスでもめごとが起こると
その解決に
生徒に丸投げする先生が多いんですよ
クラスのみんなとうまくやれないコがいたら
世話係のように面倒を見させるんです
先生やクラスの生徒の間に入って
かなりのストレスとなります
うまくこなせないと
先生とクラスの生徒から文句を言われるのです
上手くやれると
来年も同じクラスになりたいと言われ
それが通るのです
こちらの要望は聞いてもくれない
勉強だけが学校じゃないと思います
人とのコミュニケーションも家では学べないことですが
本当に本人のことを考えて
与えられた課題なのかな?
と疑問です
うちの娘ちゃんは中学校で疲れ切ってしまい
この子は壊れてしまったかも知れない
と思いました
好きなこと以外は何もしなくて良い
勉強もしなくて良い
だから
休みなさい
って言いました
半年そうして暮らしました
美術をやりたいと言いはじめて
そうなると
高校受験前は大変でしたが
良く頑張りましたよ
今から思うと
やはりおかしかったなって思うのです
先生は何もしないで
生徒に任せきりなのですから
高校を辞めたコ
行かなくなっちゃったコには
同じ様な経験をしているんですね
疲れたんですよ
いじめ問題の騒ぎの中でも
そういう先生たちの姿が見えるような気がしてしまいます
そして
進学校へ行ったコが
自分の将来を考えて看護の方に進もうとしたら
東大や慶應・早稲田を目指さない生徒の面倒は見られないとばかりに
相談にものってくれないし
質問にも答えてくれない
これじゃ自分の受験はダメになる・・・と
高校を辞めて予備校へ言って勉強
そこでは友だちもいっぱい出来て
楽しかったそうです
そういう所ばかりを見ると
学校ってなんだろう?
学校って必要なのかな?

思ってしまうんですよね

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-08-26 17:10