てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

就活中の人へ

中学・高校と一緒だった友だちと会いました
どんな用事だったの?
って聞くと
就活
って言うから
???
会社側の面接官としてやって来たってことです
関西と関東では
人当りって言うんでしょうか
コミュニケーションの取り方が少し違うというか
文化が違うというか
違いがあるんですよ
本社の人事だけで決めないんだ~
当たり前と言えば、当たり前ですが・・・
一斉にたくさんの応募が来るわけで
面接といっても
グループで話し合い
でも10分
その間にチェックしていくって
正直
そんな短い時間で何も分からん
でも出来る限り
必死に見るんだよ~
と言っていました
リーダーシップを取れる人
うまくみんなが発言できるよう気を配る人
訓練したように上手く話せる人
大学生じゃないでしょう?ってくらい落ち着いている人
何が良いか比べようがない
自分はチェックするところを見切るだけ
その後の面接で
人事のプロの目で初めて見る
人事の目で見たらほとんどのことは分かるということです
どちらの立場でも大変ですよね
受ける人も一生懸命ですが
会社も
労力をさいて
お金をかけて
一生懸命探すのです
選ぶのです
意地悪な面接官もいるけど
本当に意地悪なわけではなく「役」
無理してやっていることが多いので
胃が痛くなったり
憂鬱になったり
辛そうなんだよね~って
それでも
すぐに辞められたり
しばらくして辞められたり
徒労に終わる。。。
と言っていました
親戚が言っていた話と同じですね
娘ちゃんは美術系で就活していますが
課題作品を提出したら
1日~2日で商品かと思うくらい丁寧に梱包されて返却されました
とても高級な紙に美しい文字で
「残念ながら・・・」です
こんなに全員にお金かけるのか・・・
こんなに丁寧に扱うのか・・・
自分は甘かったな。。。
と思う
そんな感じでした
そう感じるだけでも社会勉強ですね
せっかく
真剣に見てもらえるわけだし
面接を経験できるわけだし
いろいろ感じて、考えて欲しいですね
現実の中に本当の自分が見つけられます
冷静に自分と向き合って欲しいです
何か得て欲しいですね
そして何より
出来る限りをやり切れたら良いなと思います

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-04-05 00:22