てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

給食のいろいろ

てんてん転校生の楽しみが給食ですが
家ではなかなか食べないような
切り干し大根や山菜、ひじきの煮物が
少量で一品必ず付いているのが
兵庫県の学校でした
何だかつき出しのようだなぁ
なんて思いました
品数と母の味にこだわりがあるそうです
娘ちゃんのお気に入りでした
品数が多いというのは
目に美味しいそうです
その学校は
入学してすぐに転勤が決まり
1か月もいなかったので
しばらく残念がっておりました
また
東京では
デザートのオレンジゼリーとクリームチーズを
前もって選択したり
何かと選択させる学校でした
自分で決める
自分で選ぶということが大事と考えられていたのでしょうね
アメリカでは
お金を個人小切手で渡すと
名札にあるナンバーで登録してくれて
カフェテリアで注文すると引き落とされていくのです
娘ちゃんは日本食が好きなのでお弁当
何を持って行っても
SUSHI?
と言ってみんなが見に来るようです
お箸やお弁当箱、可愛いバランもみんなの注目です
息子くんはピザのときはカフェテリアのメニューを食べていました
量が日本人には多すぎです
好き嫌いする生徒も多いようで
食べられないものは全部あっさり捨てられます
お子たちは驚いて帰ってきました
カフェテリアメニューがピザじゃない日は
息子くんもお弁当を持って行きましたが
林檎に青い色の砂糖をつけたデザートだけ食べて喜んでいました
口が真っ青になるのが嬉しかったようです
スクールバスの都合で学校の開始時間が7時半ですから
お弁当作りは大変でした
小学校は給食と思っていたわけですから
帰国して
中学校も給食だったとき
母は嬉しかったです
その中学では
不思議なメニューが多くて
パンとうどんというスターチ攻め
和食の魚料理にパンというミスマッチ攻め
「飛鳥汁」は牛乳の入った味噌汁に野菜や油揚げ入り
案外美味しいんじゃないの?
なんていうと
娘ちゃんは激怒しておりました
全体的に料理下手って
学校で作る給食はホントいろいろです
転校するたびに
給食試食会があり
500円前後で試食するんですよ
小学一年生の母たちにまじって
希望性なんですが
私は一人で参加してしまうんですよね
今日の給食美味しかったね~
なんて言うわけです
息子くんが中学に入ったときは
業者からの納入される給食でした
高校には食堂もありますが
二人ともお弁当でした
息子くんの学校は
食堂に行くと
味噌汁とカレーのチョイ掛けは無料で提供してくれるようで
教室から遠いところなのに
一人お弁当を持ってダッシュしているようです
やっぱり親子ですね~

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-01-31 09:40