てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

言葉の欠片 #2

「だいじょうぶ、きっと明日はできる」
でしたっけ?
浅田真央さんの本のタイトル
お母様の言葉ってことですね
母の立場からすると
簡単そうで
なかなか言えない言葉じゃないかと思います
母だからこそ言えない
という言葉じゃないかと思うんですよね
だからこそ
とても強い意志と信頼をお持ちだったんだろうな

想像しております
いつ
どんな状態の
どんなときに
どんな声で
どんな風におっしゃったんだろう?

お話聞きたいなって思います
逆上がりや九九の暗記でも
きっとできるから、がんばって
さ、やろう!
なんて言うと
うちのお子たちは泣き出してましたよ
そういうのが一番いや~ってね
大きくなって
大学受験や就活になってくると
もう簡単には言葉が出てきません
良いコト言えたかな~って思ったら
聞いてくれなかったりですしね
浅田真央さんは
お母様の言葉をどんな風に受け取っていたんでしょう
これからどんな風に思い出すでしょう
どんなふうに抱えていくでしょう
もっと年齢を重ねて
また新しい挑戦をしたり
後輩にアドバイスするときに
今気が付かないような
思いや気遣いや意味を受け取れるんじゃないかと思います
きっと、お母様とまた出会うことでしょうね
いいなぁ~

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2012-01-22 15:51