てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

教科書の不思議

国語の教科書ってあまり変わりませんね
確か高校の教科書で取り上げられる文学は
数十年変わっていない・・・なんて聞いたことがあります
文学作品を読まない若者が多いと言いますから
日本文学を知っておくという意味では
みんな共通に知ることになり
何だかラジオ体操第一みたいです
どこの誰もが知っているって凄いんですよね
アメリカの補習校の運動会でも
最初にラジオ体操をするんです
練習もしていないのに
同じ体操を揃ってできちゃいますから
見ていたアメリカ人が驚くんです
みんなで同じことがパッとできるって楽しいんですよ
そういう意味では良いかもしれません
しかし道徳的にどうなんだ?ってものも載っていますよね
海外で不倫して、挙句の果てに捨てて帰国・・・っていうのが
あれはどうなんでしょうね?
娘ちゃんの高校は受験に力を入れる学校なので
教科書はほとんど使いませんでした
みんなが読む文学作品は初見問題に向かないからです
感想メモを要求されるだけだったと思います
もったいないですよね
国語の教科書は学校の備え付けにしたらいいのに~
学校設備
備品ですよ
そして
どうせなら世界で読まれている作品を取り上げてくれたら良いのに~と思います
タイトルも内容もあまり覚えていませんが
千鶴子だか貞子だか、少女が千羽鶴を折る話が有名らしく
図書館に英語で書かれたものが何冊かあったし
アメリカ人が一生懸命話してくれるのですが
私は知らなくて
せっかくだったのに盛り上がりませんでした
申し訳なかった。。。
世界で披露できる日本の笑い話も良いんじゃないですか?
ユーモアが要求されますから
グローバル社会には必須でしょう
英語の授業もそうすればいいのに・・・
やはり
文学作品は、あくまでも文学作品で
勉強するテキストではないのです
ただ味わうもの、鑑賞するものだと思うのです
そしてそれは、教えられるものではなく、個人的なものです
教科書は内容ではなく漢字のレベルで選択しているので
漢字が難しいと
キツネやカラス、ウサギやクマが出てくるような内容が幼稚でも
高学年の教科書に載っているので
小学3年生の息子くんには不満だらけでした
精神年齢と漢字のレベルを合わせた内容のものを使用して欲しいですよね
そういう意味では英語の教科書も悲惨で
Is this a pen?
には本気で驚いておりました
見れば分かるだろって
言語のレベルと精神年齢が違うってキツいです
毎日、その時習っている漢字を使って作文して読ませたり、書き取りをさせていました
私って凄~い!
とても大変で、数か月でリタイヤしました
無理は続かないですね

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2011-12-03 15:34