てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

母子関係の謎 #2

駅に小学生たちがいっぱいいます
ホームでふざけて押したり、引いたり
閉まりかけたドアから電車に飛び乗ったり、降りたり・・・
また
夜10時ごろ
うちの家の前で小学生の女の子たちが立ち話をしています
中学生も
高校生も
うようよ…ウロウロ・・・
ママたちは心配じゃないんだろうか?
私にとっては謎なのです
家から遠い学校へ通うとなると
そういうものなんでしょうね
てんてん転校生はが転校できる学校へ転入するしかない
社宅にいる限りは、選べません
自分の家を持つとき、住む地域を選ぶくらいでしょうか
帰国生受験も考え、実際に動きましたが
結局
近所の公立を選びました
遠くまで通わせる気にはなれなかったというが少しあります
てんてん転校生は土地勘がなかったり、まだ幼児だったりで
いつも母子一緒でした
アメリカでは母子一緒が当たり前で育ちましたから
親の監視下にあるということを疑問には思っていなかったようです
暗くなったら送り迎えしましたし
時間通りに行動するのが当然だと思って育っているし
近くにいるので携帯電話もいらなかったわけです
高校に入学したときに迷ったのですが
携帯を持っていないことで
中学の時に友だちのもめごとに巻き込まれなくて良かったから・・・
というので、要らないと言うのです
結局娘ちゃんは大学受験の直前まで携帯電話を持ちませんでした
息子くんに至っては
携帯電話を持っていないことが格好良いと思っている節があります
テレフォンカードを持っているし
どこに公衆電話があるのか熟知していますが
ほとんどは、出かける前にその日の予定で
場合によっては遅くなるかもしれないと言って出かけます
または
昼休みや授業が終わった頃には
遅くなるかもしれないと連絡をくれるので心配することはなかったのです
そんなにお母さんを心配させたくなかったのか?
そんなにお母さんが怖くて、顔色見ていたのか?
中学校の先生たちはそう思っていたようですが
子供たちに聞くと
ただ面倒くさいから・・・それだけ・・・
そういうところをちゃんとやっていれば、何も言わないから・・・
ということでした
確かに。。。
携帯を持たせていても、連絡くれなければ意味がない
連絡がなければ、携帯に電話する
電話がかかると、鬱陶しい
鬱陶しいから、電話に出ない
電話に出ないと、メールする
メールしても無視
そういう母子もいるようですね
そのうち、同級生であるうちのお子に問い合わせがあったりします
何だか不毛ですね
そして
確かに面倒くさそうですね
冷静というか
冷めているというか
大人というか
楽に付き合ってくれるお子たちで助かります
娘ちゃんは
大学生の今でも
アルバイトが終わると「終わった」と
そして
大学の帰りがいつもより遅いときは「今から帰ります」とメールをくれます
連絡しておくと、面倒くさいことにならないというのは相変わらずですが
どうやら
ちょっと遅くなるから、まだ焼かないで、蒸さないで、揚げないで・・・
つまり
出来たてを食べたい・・・
ただの食いしん坊のようです

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2011-11-27 23:11