てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

環境適応能力

娘ちゃんは人前で話すことが苦手です
なので
転校生として小学校6年の間に5校をてんてんするのは苦痛です
何もしゃべらなくても
にこっと笑顔でいればいいのよ
と大人はみんな言います
母もそう思います
彼女は「笑い方なんて忘れた」とぶちぎれておりました
やはり不器用なコなんです
1 vs クラス全員、または学年全員ですからね
意地悪もされるし
取り囲まれたりもしますし
怖いのでしょう
それはそれで良いんじゃないかと思います
性格なんですから
しゃべらない分
周囲をよく見ています
誰がきちっとしているか
誰が誰と仲が良いか、悪いか
本当はどういう性格か
引越しで行った先で途中入園したときも
よく分かっていました
自分の身を守る能力ですね
仲の良い子たちの間には入らない遠慮
仲の悪い子たちの間にも入らない回避
5歳児にして出来るコです
彼女が言うには
最初の波でやって来る子は「物色」
その後の波で「第一陣に対抗する子たち」
落ち着いてくると「優しい子」が来て
1~2年もすると気の合う子が残るそうです
その頃には「さよなら」になったので
本当よく泣いておりました
アメリカからの一時帰国でも
アメリカへ戻るときは飛行機の中で
到着までしくしく泣いていて、CAに心配されます
11時間くらいですから、根性ありますよね
20歳を過ぎて
娘ちゃんも社会性を身につけてきましたが
性格は変わりません
社会でやっていけるのかしら?
就職なんて出来るのかしら?
ときどき心配になりますが
現在はコミュニケーション能力のない若者が多いようで
わざわざコミュニケーションの取り方、話し方の講座が大学で用意されているんです
そこに驚きましたね
いやその前に
今や大学でも連絡はほとんどメールです
休講はまだしも
レポート提出期限などは前・当日何度もメールで通知が来ます
なぜ生徒本人が確認しないんだ?
と思うのは古いんでしょうか?
そこでもうコミュニケーションの下地が出来ていないと思うのですが
そういう意味では娘ちゃんはしっかりしています
てんてん転校生ですから
教えてくれないことも出来ないと叱られる~という経験が多くあります
常に準備と確認を自分でします
大量の説明も端から端まで全部読みます
他人には聞きません
正しいことを教えてくれるとは限らないし
挨拶代りの意地悪で違うことを教えられたりしていますから
自分で確かめます
学生としては可愛くないのですが
社会に出たら当たり前だと思うのですが
社会もどんどん変わっているのかもしれませんね
どうなることやら

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2011-11-17 13:32