てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

三つ子の魂いつまでも・・・

義務教育は大事です
ただこの国、日本では
理念はいつも立派にあるのですが
方法論がないように感じます
しかも
理念は年度末で変わりがちです
なので理念というよりはキャッチフレーズです
今の流行は「国際人」「グローバル社会」ですね
ちょっと前までは「具体的に夢を持つ」でしたね
その時代の「らしさ」
私の頃は「自己実現」とか「個性」かな?
そして教育理念とは関係ないけれどパワーにはなっている「バブル」
娘ちゃんは生け花に通っていて
一緒にやっている人たちが母と同じ世代の人たちで
「自己実現」の匂いを感じる・・・と言いますね
ちょっと面白いです
何となく人格の中に残るんじゃないでしょうか
たまに的外れだったり
信念がなかったり
筋が通っていなかったり
理念と社会にギャップがあったり
で、本当に分かって言っているんだろうか?
と思ってしまいます
それでもキーワードとして人格にメモされるんです
私たちの頃の「自己実現」や「個性」は権力に対する反抗として
一部の「校内暴力」や「家庭内暴力」などを生んだんじゃないでしょうか
そして今「モンスターペアレンツ」が私たち世代なんですよね
重なります
ところで
アメリカから帰国した頃
プチ家出でパート勤めしたことは話しましたっけ?
広いアメリカから日本のコンパクトなお家に移り住むと
お子たちの行動すべてが見えてしまって。。。
いろいろ言いたくなるのを我慢していたら
あ~もうイヤ!!
って
朝6時から10時に仕事を入れたのです
惣菜やお弁当の仕込み、調理をしておりました
8時前後はピークです
おにぎりを朝食として買っったり
お昼のお弁当に買ったり
ОLやサラリーマンがいっぱいです
たまに学生もいますが
レジや注文の際
一番お行儀が悪いのは私の世代なんですよね
ウォークマンのイヤフォンをしたまま、何かを聴きながら話すんですよ
若い子や学生はそんなことをしません
意地悪な私は、わざとほかの人には聞かないであろうこと
お箸は一膳でよろしいですか?とか
フォークなどお使いになりますか?とか
汁が出ないように袋を二重にいたしますね・・・なんて丁寧に声をかけます
慌ててイヤフォンを外して「えっ?」なんて聞き返すんです
アルバイトのコなどは
「ウォークマンの人に親切ですよね」なんて言いますが
違うのよ~、イヤフォンを意地でも外させてやろうと思って、意地悪してみただけです
私たちの世代のころウォークマンが登場してその使い方に新たな問題が起こりました
それを訂正する前に教育から卒業したんですよ
マナーが悪いまま、大きく、否、中年になっているんですよね
家庭でくどく注意された人は学ぶでしょうが
若いうちに、学校にいる間に教育されなかったことは
大人になっても出来ないんですよ
マナーには世代が出ます
三つ子の魂は年齢を語るんですよね

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2011-11-14 00:25