てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

The Long and Winding Road #3

美大受験クラスでは
本当にデッサンの上手い子がいました
良い絵を描く子もいました
みんながライバルです
レベルの高い相手です
美術の成績がクラスの中で後ろから数えた方がはやく
3学年合同のコンクールでも半分より後ろ
娘ちゃんは自分でもそんなに上手く描けないことを認めていました
もちろん言葉にはしませんが
それでも自分にも良いところがある
どこか探せば
自分の絵にも良いところがある
ごくたまに良い絵を描くときもある
何かあるかも知れない・・・と思っていたように見えます
国語の先生が学校外で展示した華道展を見に来て感想を言ってくれたり
読書感想をお気に入りの先生に提出したら、用紙3枚のレポートをくれて感想を言ってくれたり
娘ちゃんの表現したことの中で認めたことを伝えてくれる
良いところを言ってくれる美術の先生たち
技術は足りなくても、自分の好みだと言ってくれる先生
クラスにもそんな雰囲気があったのでしょうね
ライバルだけど、良いところは良いところとして認める
スポーツマンのようですよね
だから自分にも何かあるだろうと信じたのだと思います
一浪しても頑張る気はなく
どこかの美大が拾ってくれたら良いし
ダメならもう美術は諦める
と言いました
彼女の前には道はなかった
後ろを見ると
細く長い、ひょろひょろした、曲がりくねった道があるだけ
まっすぐ突き進んできたわけじゃなく
揺れながら、迷いながら、道草しながら
それでもここしかなかった
The Long and Winding Road
それはこういう感じじゃないかと思います
センター試験利用入試で女子大の文学部の合格はもらいました
あとは美大だけ
ひとつ目の受験から
絵を描いていて、こんなに楽しくないのは初めて!
と帰ってくると
自分の描きたい絵に戻す!
もう最後かもしれないのだから、自分の絵を描く!
それでダメなら諦めがつく!
と言いました
あ~、これはもう終わったな。。。と思ってしまいました
それでも
4つの美大を受けたうち、ひとつだけ合格しました
第一志望のみ合格です
案外本人が一番冷静に自分を見ていたのかもしれませんね
細く繋がりました
やはり今も彼女の前に道はなく
後ろには、
一本の道があるだけ
私も
前には道はなく、後ろに細く長い、曲がりくねった道が一本あるだけなんでしょうね

つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2011-10-30 23:23