てんてん転校生

cosiecosi.exblog.jp
ブログトップ

グローバルな人と社会と裏切り者

日本に帰国してから
アメリカ生活のことは誰とも話しませんでした
海外に駐在したことのある人が
お子たちの学年に何人かいて
その方たちとは、個人的に会いました
こっそり…という感じかも知れません
あとは学校以外の知人
それはお子たちもそうでした
海外に住むという経験がなければ分からないことがあるもので
良いことも、悪いことも
そうそうそう・・・と盛り上がれるのは
メンバーに限りがあります
そういうこともありますが
海外のことは興味があっても
人は自分の知らないことを話されると居心地が悪いものです
違うということも嫌います
日本人はそうなんだと思います
海に囲まれて、守られてきて
海外から来るのは敵
征服者
黒船
開国
そういう発想をするDNAがあるんだと思います
だから警戒する
警戒することで安全を確保してきたし
慎重であり続けてうまく発展してきた
お国柄です
それはそれで良いのではないかと思っています
思っているのですが
自分が海外から戻って来ると
異物混入のように扱われるのが辛く思えました
日本人なんですけど・・・
でも染まっている
と思われるみたいですね
染まるというより
日本にはないものを何か身につけてしまっているのだと思います
知ってしまったものを知らなかったことにはできないのです
感じ取ってしまうし
考えてしまうのです
仕方ないのですが
「裏切り」に見えるのでしょうね
それも分かる自分がいるのです
もちろんアメリカ人も
個人的には仲良くしていても、アメリカ人がいっぱいいるときは話しかけて来なかったり
ほかのアメリカ人に日本に媚びているように見えないか気にする人も多くいました
「それは南部だからで、これをアメリカ人だと思わないでくれ」
と言う北部出身のアメリカ人もいたし
日本人の奥さんのいるアメリカ人が
「ほかのアメリカ人に少し下に見られているような気がするが、気の所為か?」
と言っていたこともある
そして、アメリカ人と結婚した日本人は
英語も日本語も分かり、現地のことも知っているので
駐在員は頼りにしますが
どこかで日本を裏切り、アメリカ人に媚びたヤツだと見られている
そんな気がするときがある。。。
と言っていました
何となく分かるような気がします
かすかなものでも感じ取れるものです
同じ国の人なのに異国人または宇宙人扱いは寂しいです
悲しいものです
アメリカ人にも日本人に裏切られたような気分になるのです
私たちは日本から離れて
日本への憧れや想い、期待、尊敬が強くなっていたので
がっかり感は大きかったのです
特に娘ちゃんは、日本が世界一だと思っていましたから
日本に帰国して
思っていたほどじゃなかった。。。
と悲しんでおりました
そしてアメリカにも良いところはいっぱいあったのだと
やっと思ったようです
でも
アメリカに住んでいたこと、アメリカの話、
特にアメリカの良いところを言うことはご法度です
「グローバルな人と社会を目指す」が流行っていますが
それはどんな人と社会なのだろう?


つづく・・・
[PR]
by cosi-e-cosi | 2011-10-22 11:10